“『両国BEAR』作品創作サポートプログラム”を始めます。

『両国BEAR』スタジオは,アーティストたちが質の高い作品を創り上げるための,創作と途中経過のショーイング(公演前の予行発表会)の場として,アーティストをサポートするために,何ができるかをずっと考えてきました。そして,その第1歩として,今回,ポルトガルのRafael Alvarez(ラファエル アルヴァレス)氏の作品創りをサポートすることにしました。

アルヴァレス氏は,1976年リスボン生まれ。ユニークな視点から多様な作品を作りだし,ヨーロッパ,南米,北米,中東,アジア,アフリカで上演してきました。ぜひ,アルヴァレス氏のホームページを御覧ください。 https://rafaelalvarez.jimdo.com(ポルトガル語と英語)

今回は,北斎の代表作『神奈川沖浪裏』をはじめとする日本の版画が,ヨーロッパ文化にどのような影響を与えたのかをテーマに,日本のアートと文化を洞察しながら作品を創る予定です。昨年オープンした『すみだ北斎美術館』と,『江戸東京博物館』の間にある『両国BEAR』が,氏の創作意欲をかき立てる場となることを期待します。

アルヴァレス氏は,4月に1週間 『両国BEAR』で作品創りをおこない,続けて秋に再度来日し,作品創りとショーイングをおこなう予定です。作品創作の状況に関しては,続けて『両国BEAR』ニュースで紹介します。アルヴァレス氏は日本でたくさんのアーティストとの出会いを望んでいます。連絡を取りたい方は,問い合わせから御連絡下さい。


TPAMフリンジ公演:ネリヤカナヤ
live paint, music, “bubyou” EGGORE

2007年より絵筆を使わず絵の具を手につけ体全身で描く姿が 舞踏のようだと評される事から ” 舞描”(bubyou) として活動中。
2010年、Gt.築山建一郎、per Aki-ra Sunrise と共に「EGGORE」を結成。
古代の音と現代の音、めくるめく変化し絵描れる物語は「太古のような未来」を開示する。
独創的なパフォーマンスは国内外で高い評価を得る。

詳しい情報はTPAMフリンジのページか、鉄秀のページをみてください。


『両国BEAR』1周年記念特別企画

2年目に入った『両国BEAR』はリピーターを大切にしたいと考え,次回のご利用時にお使いいただける50%off,25%offクーポン券(いずれも有効期限は1年間)を進呈することにしました。ご利用をお待ちしています!

・1回に10万円以上利用された方に, 50%offクーポンを進呈

・1回に5万円以上利用された方に, 25%offクーポンを進呈


「Low Cost公演プラン」をアップしました。10月1日から開始します。予約お待ちしています。


2016年5月:『両国BEAR』に鏡が入りました! 必要な方には朗報。不要な方はご心配なく,取り外せます。


『KekeとAzu』公演情報

2016.4.17(日曜日)14時と18:30時

詳しい情報は「こちらへ
 


クロメ2 於 両国

2015.12.18 (金) – 20 (日)

詳しい情報は「こちらへ


Dance Workshop Series

11月13日(金)山田うん

11月20日(金)伊藤キム

12月 4日(金)関かおり

12月11日(金)向雲太郎

詳しい情報は「こちらへ

チラシのダウンロードは「こちらへ


両国BEARのオープニングイベントの写真をアップしました!

2015.7.9(木)−12(日)

黒田育世と柳本雅寛の新作:「波と暮らして」

の写真は「こちらへ